ヴァイキング海の覇者たちがAmazonなら無料!面白すぎて寝不足だわ

広告

どうも、ドラログ管理人のリュウキです。

僕ね、海外ドラマとか結構好きで一度見てしまうとぶっ通してみるのでなるべく見ないようにしてるんですけど…つい先月くらいまでずっと見てた海外ドラマがありまして、、、それが、

「VIKINGS ヴァイキング〜海の覇者たち〜」

というタイトルの海賊ドラマです。

これが面白いのなんの。ジャックバウアー以来のドハマり作品でした。

すでにシーズン4までは出ているのですが、なんとシーズン5は今年2017年中に公開される予定。シーズン4の20話で次に繋がる(繋げないと終わらない)終わり方したので、早く観たいです。

ちょっとあまりにも面白いので、紹介したいと思います。

※ほんの少しだけネタバレ(全作品のうち0.1%にも満たない)があります。

追記:ヴァイキング シーズン5の放送日が決定しました!
ヴァイキングシーズン5の放送日と予告動画はこちら
広告

「ヴァイキング 〜海の覇者たち〜」ってどんな内容?

ヴァイキング 海の覇者たち シーズン1 エピソード3

ヴァイキング 海の覇者たち シーズン1 エピソード3

僕がはじめ観ようと思った時はAmazonのレビューを見て決めたのですが、パイレーツ・オブ・カリビアン的なイメージで観始めたら全然違っていてビックリ。一話目から一気にのめり込みました。

ドラマを何話か観るとわかってくるのですが、これは北欧神話に基いて作られた物語です。僕は聖闘士星矢とか好きなので神話系は好きです。(聖闘士星矢はギリシャ神話ですが、、、)

当たり前ですが、北欧神話はギリシャ神話とは違います。で、この「ヴァイキング 〜海の覇者〜」では北欧神話で話が進むので、キリスト教なども出てきます。

ストーリー序盤では宝探しなどの典型的な海賊の話なのですが、後半から信仰の違いで争いが起きる場面が出てくるようになります。北欧神話の神か、キリスト教のイエス・キリストを信じるのか。

理解し合おうとする者、真っ向から否定し合う者、どちらもいないと思い出す者、色々な考え方を持つヴァイキングの戦士たちの物語です。ドラマ制作もかなり凝ってる感じが伝わってきます。

見た目の汚らしいイメージやとにかく「野郎」としての男の雰囲気を出しているところに僕は惹かれました。あと、ベッドシーンが多いのも好きです。

もう、目と目が合ったらすぐにヤルところなんて野生でしかないです。

シーズン1〜シーズン4のあらすじを紹介

ドラマ内のことをあれこれ書いてしまうと、楽しみにしている方にとってネタバレになりかねないです。なので、あらすじだけお伝えしておこうと思います。

シーズン1のあらすじ

ヴァイキング 海の覇者たち シーズン1 エピソード1

ヴァイキング 海の覇者たち シーズン1 エピソード1

シーズン1は1話から9話までしかなくて、最初は「少ねっ!!」と思ったのですが、シーズン2があり、安心したのを覚えています。過去に海外ドラマで4話以降がなかったものがあったので、トラウマだったんですよ。

で、シーズン1では主人公のラグナルロズブロークが自分の村から航海をして普段は東にしかいかないけど、西に航海する手段を見つけて、西には宝や土地がたくさんあるということを知ります。そこから話がスタートしていく感じです。

複雑で暴力的なヴァイキングの世界と歴史的英雄、ラグナル・ロズブロークの物語を描くヒストリーチャンネル製作の歴史ドラマ「ヴァイキング ~海の覇者たち~」。 自分がオディンの子孫だと信じるロズブローク。超自然的な性質を持ち、神へすべてを捧げる彼は、巧みな策略でヴァイキング王を目指す。 引用:Amazonプライムビデオ

シーズン2のあらすじ

ヴァイキング 海の覇者たち シーズン2 エピソード1

ヴァイキング 海の覇者たち シーズン2 エピソード1

シーズン2も話数は少なく1話〜10話までしかありません。さすがにこうなると、「あ、これはそういう短編系なのかな」と思ってしまいます。

シーズン2での物語は弟が裏切り、主人公ラグナルと兄弟対決をすることになります。そこからの展開は早く、悪いやつの親玉である王を最後には捉えますが、いいところでシーズン2は終わります。

複雑で暴力的なヴァイキングの世界と歴史的英雄、ラグナル・ロズブロークの物語を描くヒストリーチャンネル製作の歴史ドラマ「ヴァイキング ~海の覇者たち~」。 自分がオディンの子孫だと信じるロズブローク。超自然的な性質を持ち、神へすべてを捧げる彼は、巧みな策略でヴァイキング王を目指す。 引用:Amazonプライムビデオ

広告

シーズン3のあらすじ

ヴァイキング 海の覇者たち シーズン3 エピソード1

ヴァイキング 海の覇者たち シーズン3 エピソード1

やっぱり10話までしかありません。なんなんでしょうね。

人気が出ないと思ったら意外と出てきたから次も撮ろうか! 的な流れで制作しているのでしょうか。若干イラつきますが、面白さには勝てません。

ココまで来ると主人公の妻であったラゲルサもババ臭くなってきます。シーズン3ではシーズン4にまで及ぶ長いストーリーが続きます。

かなりの権力者であるエグバート王と親密な関係になるのですが、一悶着あり、関係がこじれます。ヴァイキングは復習を必ず果たすので、戦略や思考の面でかなり見ごたえがありました。

イングランド側から土地を分け与えると約束されたラグナル。彼は一部の民をウェセックスに上陸させ、不確かな運命へと導く。エグバート国王(ライナス・ローチ)は数多くの約束をしてきたが、今のところ守られる保証はないのだ。それでも冒険を求めてやまないラグナルは、何かもっと素晴らしいものを得ようと貪欲に探求し続ける。そして彼は神秘的な都市パリに答えがあると踏む。 引用:Amazonプライムビデオ

シーズン4のあらすじ

ヴァイキング 海の覇者たち シーズン4 エピソード1

ヴァイキング 海の覇者たち シーズン4 エピソード1

現段階ではシーズン4で終わりです。で、シーズン4からいきなり20話になります。

って、「わーい!!ジャパニーズピーポー!!?なんでだよ!なんで20話なんだよ!9、10、10ってきたら次も10だろ?」って言いたくなるのですが、制作は日本ではないので言えませんね。とにかく、20話になったのはとてもうれしいです。

ドラマ視聴のための拘束時間が大幅アップしました。徹夜続きで観ましたよ。

で、シーズン4では主人公ラグナルロズブロークの親友『フロキ』がキリスト教を信仰している『アセルスタン』を殺害したことがラグナルの息子、ビヨルンによって公開されてバレます。そして拘束されるところから始まります。

ラグナルは親友でもあるフロキをどのようにして助けるか考えていました。が、助けるという選択肢がビヨルンによって無くなります。

シーズン4では感情のすれ違いや、兄弟喧嘩をメインに話が進んでいくので昼ドラのような印象も受けますが、昼ドラみたいな感じではなく、本当になんだか悲しい感情を懐きながら鑑賞できます。

大ヒット連続ドラマ「ヴァイキング ~海の覇者たち~」のシーズン4が、さらに面白くなって帰ってくる。前シーズンで熾烈を極めたパリの戦い。負け戦を粘り抜き、土壇場で逆転勝利をつかんだラグナル(フィメル)だったが、危篤状態に陥りカテガットへと帰還する。彼に死の可能性が浮上したことで、王の座を狙う者たちがにわかに勢いづく。ラグナルの妻、アスラウグ王妃もその1人だった…。 引用:Amazonプライムビデオ

先に北欧神話の知識があるとより面白いカモ!?

フロキの頭に滴る水を受けてるシーン

フロキの頭に滴る水を受けてるシーン

僕は北欧神話の知識は浅く、なにもわかっていないままドラマを観ました(まさか、北欧神話だとは思わなかったから)。それで、ストーリー内で裁判的なことや刑罰をやるのですが、その罰する方法が北欧神話を知らないとタダの拷問を与えてるシーンにしか思えません。

僕は「ヴァイキング 〜海の覇者たち〜」のシーズン4まですべて鑑賞し終わったあとにAmazonで北欧神話関連の書籍を買いました。それを読んで、ようやくドラマ内での出来事、争い、拷問(刑罰)に至るまで納得できました。

特に、あーなるほど! と思ったのは途中『フロキ』という変わり者が出てくるのですが、そいつがシーズン3だったか、シーズン4だったかで裏切ります。そいつを罰するシーンで頭から水滴を垂らすのですが、僕には何が苦しいのかわかりませんでした。

が、北欧神話関連の書籍を読んで納得できました。その水滴は蛇の毒に見せていたのです。

『フロキ』というのはロキという神の名前から取ったと思われますが、ロキはオーディン(北欧神話の神々の王)の息子を殺したことで、洞窟の岩に縛られ、大蛇の毒を上から落とされるという話があります。その毒を妻が鉢で受けているのですが、それもドラマ内で再現されています。(ただの水なので、毒ではないのですが・・・)

ちなみに僕が買ったのは4冊で、その内もっともシンプルで要点をスパッと理解できて、これから「ヴァイキング 〜海の覇者たち〜」を視聴する人にオススメなのが、この本です。

広告

「ヴァイキング 〜海の覇者たち〜」がAmazonなら無料で見放題!

ヴァイキング 海の覇者たち Amazon 無料

ヴァイキング 海の覇者たち Amazon 無料

残念ながら、日本ではまだ、DVDやブルーレイが発売されていませんし、レンタルもないです。あるのは「英語、フランス語、スペイン語」のみが収録された海外版だけです。

楽天でも、Amazonでも購入できませんし、ツタヤとかにいってもレンタルできません。僕がヴァイキングを観たのはAmazonです。

Amazonにはプライムビデオというのがあって、高画質のまま海外ドラマや映画、アニメ、日本のドラマや映画、バラエティなどの動画が『タダ』で観れます。AmazonプライムビデオというのはAmazonプライム会員になると自動的にビデオも無料で見れる会員になれるものです。

本来はAmazonで購入した商品の送料が無料になったり、即日配送や割引があるのですが、ビデオまで無料で見れるという素晴らしいサービスです。YouTubeなんかで劣化した違法動画を観るよりもAmazonプライムで観たほうがいいです。

また、比較的新しいものまで観れますし、ダウンロードして後から観ることも可能です。

し・か・も!

Amazonプライムビデオはパソコンだけでなく、登録できる端末が無制限(Amazonの人に不具合の時についでに聞いた)なので、場所を気にすること無く視聴できます。ベッドの上でゴロゴロしながら観ることもできますし、自分と家族の誰かが別の動画を同時に観ることも可能です。

年間3900円で最新のビデオはもちろん、音楽、無料配送、プライム割引、ファミリー割引など、かなり特典があります。

月額3900円の間違いではなく、年間3900円です。

月額325円で会員になれます。仮面ライダーなどの昔の特撮ものも無料です。

初代ロボコンまでありました。僕はジュウレンジャーとか宇宙刑事ギャバンも観たりして、今期アニメもリアルタイムで観ちゃってますので見逃しがないです。

今なら30日間無料で利用できるので、無料期間だけでも使って一気に「ヴァイキング 〜海の覇者たち〜」を視聴してください。

↓↓↓